HOME > よくある質問 > セルライトが出来る原因

セルライトが出来る原因

細い女性が好まれる昨今、お腹周りやふともも、二の腕についた脂肪を除去したいと考える女性は多いでしょう。
また女性を悩ますもう一つの原因、それがセルライトです。

セルライトは男性には付きにくいので、女性固有の悩みではありますが、痩せている女性でもセルライトが付いていることが多く、実に8割もの女性の体にはセルライトが付いているのです。
セルライトも脂肪の一種ではありますが、脂肪細胞が水分や老廃物を取り込んでできるもので、皮膚表面が凸凹になる特徴があります。

セルライトは見た目も美しいものではないですし、余分な水分や老廃物を抱えて固まっているので、通常のダイエットでは中々落としにくいものです。
また年齢を感じさせる原因にもなりますので、早めに除去したいものです。

では何故セルライトが出来るのかといえば、やはり代謝が悪くなっていることが原因として考えられます。
代謝が悪いと老廃物や水分が上手く流れずに溜まっていき、そこに脂肪が付くとセルライトが出来てしまうのです。

つまり代謝の悪さと脂肪がセルライトの原因と言えるでしょう。
女性は元々皮下脂肪が付きやすい体質ですし、生理前になると代謝が悪くなり、どうしても水分や老廃物を溜め込みやすくなってしまいます。

生理前は仕方がないとしても、代謝機能の低下は普段の生活習慣の改善で大分よくなります。
ですから、日々の生活習慣を見直すこと、たとえば運動をしたり、暴飲暴食は控えることが大切です。


▲ページトップに戻る