HOME > よくある質問 > タバコでダイエットは出来ない

タバコでダイエットは出来ない

タバコを吸うと食欲が無くなるので痩せられる、こんな話を聞いたことがありますか?
タバコが健康にとって有害であることはご存じでしょうが、痩せられるのなら構わない、そんな女性も多いようです。

全体的な喫煙者が減る一方、女性の喫煙者は増えています。
確かにタバコには食欲抑制効果もあり、ダイエット効果があるといえなくはありません。

しかし癌や血管疾患を引き起こしたり、ビタミンや鉄分の吸収を阻害して、万年栄養不足を引き起こす可能性もあります。
そのためたとえ痩せてもお肌はボロボロ、骨もスカスカになりますし、血液もドロドロになります。

その結果内臓の機能が低下して、長期的に見れば太りやすくなる傾向にあります。
また女性ホルモンの分泌を阻害するので、皮下脂肪が付きにくくなる一方、内臓脂肪が付きやすくなるという欠点もあります。

心筋梗塞や動脈硬化、脳こうそくなど生活習慣病を引き起こしやすくなるのは内臓脂肪が付くためです。
また人によっては味覚が鈍くなり、味の濃い食事を好むようになったり、カロリーの高い油ものが好きになる人もいます。

つまりタバコによって結果的に太ってしまう人も多いようです。
ダイエットはただ痩せればよいものではありません。

美しく健康的に痩せなければ本当の成功とはいえないでしょう。
タバコを吸って痩せてもそれは栄養が不足してただやつれているだけ、これでは痩せる意味もありませんね。

今タバコを吸っているという方はすぐにでも禁煙すべきです。
禁煙のダイエット効果はこちらをご覧ください。


▲ページトップに戻る