HOME > よくある質問 > ダイエットで肌荒れする原因

ダイエットで肌荒れする原因

ダイエットをするのは良いけれど、肌荒れが悩ましいという人が多いですね。
特に食事制限などでダイエットをする場合、肌荒れが起きやすい人は多いようです。

何故ダイエットをすると肌荒れを引き起こしてしまうのでしょうか。
簡単に言えば、ダイエットで肌荒れを起こすのは栄養不足が原因です。

ですから運動によってダイエットをしている場合、肌荒れを起こすことはあまりありません。
どんな栄養が不足しているかといと、肌に良い栄養素であるビタミンやミネラルと思うでしょう。

もちろんビタミンB2やビタミンB6、ビタミンCなどは皮膚の生成を促したり、粘膜を正常に保ち、活性酸素を除去する上で欠かせない栄養素です。
ですがビタミン類だけを摂取するだけではあまり意味がありません。

例えばたんぱく質や炭水化物が不足することも、肌荒れを引き起こすのです。
そのためダイエット中に野菜や果物だけを食べるだけでは肌荒れを防ぐことは出来ないのです。

それに野菜や果物は体を冷やします。
体の冷えは内臓の機能を低下させたり、血液の流れを悪くするので、肌荒れを引き起こします。

特にたんぱく質ですが、たんぱく質は筋肉や骨、お肌など細胞を構成する重要な栄養素です。
たんぱく質が不足すると新しい細胞を作り出すことが出来ません。

そのためにターンオーバーが正常に行われず、お肌が荒れるというわけです。
ですからダイエット中もお肉や魚を食べて、たんぱく質をきちんととらなければならないのです。

それから脂質は皮脂の分泌を促し、細胞膜を形成する栄養素であり、不足するとお肌が外部刺激に弱くなり、お肌が荒れます。
このようにダイエット中も必要な栄養素を摂取しなければ肌荒れを引き起こすというわけです。

中には過剰な食事制限によって免疫力が低下し、アトピーが出来る人もいます。
アトピーに良い食べ物はこちらを参考にしてください。


▲ページトップに戻る