HOME > ブラの付け方で胸の大きさが変わる

ブラの付け方で胸の大きさが変わる

あなたはどんなブラを使っていますか。バストアップをしたいと考えている人はブラの選び方、付け方にも注意しなければなりません。安いブラが全て悪いというわけではありませんが、安いブラばかり使っている人は知らない間に胸を圧迫し、バストの成長を妨げているかもしれません。安いブラは素材が硬かったり、全体的に重量感があったりして、バストにストレスを与えている可能性があります。その結果胸の形が崩れたり、肩こりや胸を垂れさせる原因にもなったりします。高いブラはデザインにこだわっているものも多く、デザイン料が含まれている可能性がありますが、それだけでなく、軽かったり、フィット感が違ったりと、付けてみるとその違いを実感することが出来ます。とはいえ、何万もするブラをする必要はないと思いますが、自分の胸に合ったブラを選ぶように心がけた方が良いかもしれません。それから胸を大きく見せるためにパットを入れている女性も多いと思いますが、パットも胸の成長を妨げていることがあります。パットを使うと胸の形が綺麗に見え、胸の谷間が出来るので見た目の印象はグッと変わります。しかし当然ながらパットをたくさん入れれば入れる程、胸を圧迫させることになり、血液やリンパの流れを悪くするので、胸の成長に必要な栄養が行き届かなくなってしまいますね。そもそもパットは胸を大きく見せるためにものではなく、左右の胸の大きさの違いから出来てしまう、ブラの隙間を埋めるために使用するものです。ブラの隙間を埋めるためにパットを使用しても、胸を押さえつける心配はありませんね。しかしながら、最近では胸を大きく見せるために多くの女性がパットを使用しています。いきなりパットを外すのは抵抗があるかもしれませんが、少しでもパットを使う頻度を少なくした方が良いかもしれませんね。バストの成長を促すには血流を促進することが大切です。血管拡張作用のある酢玉ねぎも胸を大きくするにはおすすめです。