HOME > バストアップクリームに副作用はあるの?

バストアップクリームに副作用はあるの?

バストアップの方法はさまざまですが、クリームを使用している女性も多いことでしょう。バストアップクリームはバストを下から上へ、外側から内側へマッサージするように塗っていくことでバストアップを期待できるというものです。成分は商品によって異なりますが、多くは脂肪を増殖させたり、乳腺を発達させる働きのあるものが多いようです。しかしこのバストアップクリーム、副作用は無いのか心配になる方もいるでしょう。もちろんサプリメントのように経口摂取するわけではありませんから、サプリメントよりは安全であると言えますが、副作用が全く無いというわけではないようです。一時期ブームになったプエラリア・ミリフィカをご存じの方も多いでしょう。このプエラリア・ミリフィカは大豆の数十倍ものイソフラボンを含み、エストロゲン作用によってバストアップが期待できるというのですが、一部では副作用の懸念がされているようです。というのもイソフラボンを過剰摂取するとホルモンバランスが崩れるわけですから、生理不順になったり、ニキビや肌荒れが起きたり、めまいや頭痛などを引き起こす可能性もゼロでは無いのです。もちろんこういった副作用が出るのはごく稀ではあるようですが、使い方には注意した方が良いかもしれません。説明書などを読んで、用法や使用量はきちんと守り、万が一上記のような副作用が出たら、使用は一旦中止した方が良いでしょう。ちなみに最近バストアップの主成分として注目されているボルフィリンという成分があります。プエラリアのような副作用も報告されていませんし、バストアップを実感している方も多いようですから、プエラリアが心配という人は試してみてはどうでしょうか。なおこちらのサイトhttp://www.skm7.com/mune.htmlでもバストアップの方法が書かれていますが、高品質なプエラリアを使った方が良いそうです。