HOME > ガリガリに痩せていると胸は大きくならない?

ガリガリに痩せていると胸は大きくならない?

昨今はモデルや芸能人は痩せている人が多いですし、まるで棒のような手足に憧れている女性も多いはずです。しかしガリガリに痩せている人で、胸が大きい人ってそんなに見かけませんよね。ダイエットとバストアップって相反するところもあり、細い体型と、ふくよかなバストを同時に手に入れるのは非常に難しいのです。もちろん痩せていても大きなバストを持っている女性はいますが、バストも脂肪で出来ていますから、胸を大きくするには体脂肪を付けなければなりません。つまり胸にだけ脂肪を残しつつ痩せるのは非常に難しいと言わざるを得ないのです。胸は女性ホルモンの分泌によって乳腺が刺激されることで大きくなるのですが、そもそも痩せている人は栄養分が足りていない傾向にあり、女性ホルモンの生成に必要な栄養素がそもそも不足しているのです。このような状態ではバストアップのために色んな方法を試しても、思ったような効果は得られないということになります。ですから、元々食が細いために痩せている女性は、食べる量を増やすか、あるいは食事の内容、質を変える必要があります。あまり量を食べられないという女性は、たんぱく質が多く含まれている食べ物を中心に食するようにすると良いでしょう。例えば豆製品や乳製品などが良質なたんぱく質を多く含んでいるのでおすすめです。確かにご飯をあまり食べないが、納豆や枝豆、お味噌汁が好き、ヨーグルトやチーズを良く食べる女性の胸は大きい人が多い気がします。またダイエット中の女性などは炭水化物を摂らないで痩せようとする人がいますが、ご飯をしっかり食べないと、バストアップの足枷になってしまいます。というのもご飯には炭水化物の他、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルといった栄養素がバランス良く含まれており、栄養バランスに優れた食べ物といえるのです。ですからダイエットといえども、ご飯はしっかり食べるようにしましょう。それから基本的に痩せ型の女性は胃腸が弱い傾向にあります。栄養の吸収率が悪いので、食べても太らない、摂取カロリーが足りないという状況に陥るのです。ですからまずは胃腸を強くすること、正常な機能を取り戻すことが最優先になります。胃腸の機能が低い状態で暴飲暴食をしたり、高カロリーな食事をしても、胃腸に更なる負担をかけ、機能を低下させるだけです。ですからいきなり太ろうとして、お肉をがっつり食べても無駄ということです。