HOME > 筋トレはバストアップに有効なの?

筋トレはバストアップに有効なの?

筋トレのメリットは単に胸が大きくなるだけでなく、バストの形が美しくなり、胸の垂れを防ぐことが出来る点にあります。大きい胸は魅力的ですが、加齢とともに垂れてしまっては魅力半減ですよね。結論から言うとバストの下の大胸筋を鍛えることで見た目のバストを大きくすることは可能といえますが、カップ数まで上がるかといえば必ずしも有効であるとは言い難いです。ただ見た目の張りや形を整えるには筋トレは有効といえるかもしれません。具体的にどんな筋トレが良いかというと、腕立て伏せやチェストサンドが有名ですね。腕立て伏せは誰でも分かると思いますが、意外と女性は腕立て伏せが出来ない人が多いようです。そのような方は最初は膝をついて腕立て伏せをすることから始めて見ると良いでしょう。毎日続ければその内に普通に腕立て伏せが出来るようになると思います。なお腕立て伏せをするときは腕を肩幅ほど広げて行うと効率的に大胸筋を鍛えることが出来ますので、やり方にも注意したいものです。それからチェストサンドというのは、簡単にいえば合掌ポーズをして大胸筋を鍛えるもので、左右の手で強く押し合うようにして行います。一般的に6秒以上筋肉に負荷がかかると筋肉が付くと言いますから、6秒以上チェストサンドを行うと良いでしょう。チェストサンドは外出先でも入浴中でも、いつでもどこでも出来る点がメリットです。腕立て伏せが出来ない女性もこの方法なら自分のレベルに合わせて出来るので良いですね。筋トレでバストアップするのは難しいかもしれませんが、筋トレに合わせてマッサージをしたり食事に気を付けることで、張りのある豊かで美しいバストを作ることは可能だと思います。