HOME > ピルとバストアップサプリの併用は危険?

ピルとバストアップサプリの併用は危険?

皆さんはピルを飲んだことがありますか。ピルといえば避妊薬というイメージが強いですが、避妊以外の目的でも服用されています。ピルを飲むと、ホルモンバランスが妊娠しているときと似たような状態になるため、排卵が抑えられて妊娠を防ぐことが出来るのですが、それ以外にも月経トラブルを改善したり、ホルモンバランスを整えて、肌荒れや多毛症を治したり、生理周期を修正するために用いられることがあります。ですから意外とピルを飲んだことがあるという女性は多いのですね。さて、このようにピルは女性ホルモンに作用する働きがあることから、バストアップサプリとの併用は気を付けなければなりません。バストアップサプリにも種類が色々ありますが、代表的なものにプエラリアという植物の成分が使われているものがあります。プエラリアにも女性ホルモンの分泌を活性化させる作用がありますから、ピルとの併用は危険であると言わざるを得ません。エストロゲンはバストアップや女性らしい体型作りに欠かせない女性ホルモンではありますが、体内にエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが過剰に生成されてしまうと、乳腺を過剰に刺激し、乳がんの発症率を高めてしまいます。それだけでなく乳腺が硬く張ってしまって、しこりが出来たり、うっ血したり、激痛が走ることもあります。それだけでなく、エストロゲンが増えすぎると子宮筋腫の発育を促進してしまいますし、あるいは子宮癌になるリスクも高めます。ですからピルとバストアップサプリの併用は控えた方が良いでしょう。どうしてもピルを服用しつつ、バストアップをしたいのであれば、サプリなどの経口摂取は止め、バストアップクリームやジェルを使うと良いでしょう。バストアップクリームはサプリとは異なり、外的な刺激を与えるに過ぎませんから、経口摂取ほどのリスクはありません。なお、それでもバストアップクリームの中にはプエラリアなどの成分が含まれているものもありますから、出来れば女性ホルモンを刺激する成分を含むクリームではなく、脂肪を増やすような成分、たとえばボルフィリンなどの成分を含むものが副作用もなく、ピルのように女性ホルモンに作用する種類とは異なりますから、危険性は無くなります。またヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分を含むものも、バストに張りや潤いを与えますからおすすめです。