HOME > バストアップと睡眠の関係

バストアップと睡眠の関係

人間が健康でいるために睡眠が大切であることはご存じでしょうが、美しいお肌や胸、バストアップのためにも睡眠は重要といえます。女性がいつまでも美しくいるためには女性ホルモンが非常に重要な役割を持っており、バストの大きさも例外ではありません。この女性ホルモンは成長とともに活発に分泌されるようになるのですが、思春期から20代半ばまでが最も多く女性ホルモンが分泌されると言います。この時期に不摂生や不規則な生活をしていると、総体的に女性ホルモンの分泌量が少なくなり、バストも育ちにくくなってしまうわけです。最近では夜も仕事をしていたり、夜遊びをしている女性も昔より多くなりました。夜の時間帯にきちんと睡眠を取らないと成長ホルモンや女性ホルモンが分泌されなくなりますから、バストも大きくならないばかりか、体調を壊したり、不妊症になってしまうリスクも高めることになります。夜型の生活をしていて、日中に寝ていると睡眠の質がどうしても低下してしまいますので、正常なホルモンの分泌を妨げ、疲れやすかったり、精神的にも異常をきたしやすくなってしまうでしょう。一方で睡眠時の姿勢によっても美しいバストの形成を妨げてしまうことがあります。最近はテレビや雑誌を見ながら横になる女性が多く、うつ伏せのまま寝てしまうことも少なくないようです。うつ伏せのまま寝てしまうと、どうしてもバストを圧迫させてしまい、胸が大きくならなかったり、形を崩す原因になってしまいます。それから睡眠時にブラを付けない女性は多いと思いますが、最近では睡眠時もブラを付けていた方がバストの形を綺麗に保つことが出来るというのが常識になっているようです。どんなブラでも良いわけではなさそうですが、ナイトブラなど就寝用のブラも開発されていますから、こういったブラを寝ているときも着用しておくと、長くバストを美しく保つことが出来るかもしれません。いずれにせよ睡眠時も少し気を付けるようにするとバストアップや美しい形を維持することに繋がりそうです。