ウォーキング中の飲み物

ウォーキング中は喉が渇きます。
人間の体の半分以上は水で出来ていますから、水分補給はこまめにしなければなりません。

ウォーキング程度の軽い運動でも汗をかくので、体の中の水分はどんどんと失われていきます。
特に夏場はしっかり水分を補給しないと脱水症状などを引き起こす可能性もあります。

喉が乾いたときは既に遅いぐらいなので、時間を決めて定期的に水分を補給しましょう。
ではどんな飲み物をどれくらい飲んだら良いのでしょうか。

一番のおすすめは少し冷たい程度のお水です。
あまり温かいと喉の渇きを癒せませんし、体が水分を吸収するのに時間がかかるので、ウォーキング中はあまり良くありません。

かといって冷えすぎていると胃腸に負担をかけますし、血行が悪くなります。
ですから温度で言うと10度前後、少し冷たいと感じる程度が良いのです。

1回に飲む量はコップ1杯程度で良いでしょう。
ただがぶ飲みはせず、ゆっくり時間をかけて飲んでください。

もちろんミネラルウォーターなど、ミネラル分の豊富なお水でも良いですし、スポーツドリンクでも構いません。
スポーツドリンクは糖分や塩分を適度に補給できるので疲労回復効果も期待できます。

ただお水よりはカロリーが高いですし、あまりに糖分が高いものはダイエット効果を下げてしまうかもしれません。
どのスポーツドリンクを飲めば良いかわからないという方はお水にしておきましょう。

お茶やコーヒーは賛否両論ありますが、個人的には良いと思います。
カフェインは脂肪を分解する効果があるので、ウォーキングによる脂肪燃焼効果を高めることが出来ます。

ただ缶コーヒーは糖分が多いのでおすすめは出来ませんし、同じ理由で甘いジュース類もダメです。
糖分の多い飲み物は必然的にカロリーも高いですし、ビタミンやミネラルを大量に消費するので、ダイエット効果を下げてしまいます。

またカフェインは胃がもたれたり、動悸、息切れ、目まいや吐き気をもよおす危険性もあります。
体調に不安のある方や、そうでない方も飲み過ぎには注意しましょう。

カフェインが心配な方は麦茶やごぼう茶が良いでしょう。
それからもちろんビールもNGです。
運動した後のビールは美味しいですし、せっかく頑張ってウォーキングしたんだから飲みたい気持ちもわかります。

でも正直ビールでは水分補給できませんし、利尿作用が強く、飲んだ量以上に体の水分を排泄してしまうのです。
ですから入浴後にビールを習慣的に飲んでいる方も実は危険なんです。

では牛乳はどうでしょうか。
牛乳はたんぱく質も豊富ですし、筋肉が付いて代謝を上げるから、ウォーキングダイエットには良いという人もいます。

でも牛乳は消化が悪く、水分補給には向いていません。
ウォーキング後ならたんぱく質も補給できますし、牛乳でも良いと思いますが、ウォーキング前やウォーキング中の水分補給には牛乳は用いない方が良いと思います。

このようにただ水分補給といっても、飲んだ方が良いものと、そうではない飲み物があるのはお分かりいただけたと思います。
ウォーキングに限らず、ダイエットや運動をするときは以上のようなことを参考にして、水分補給を行いましょう。