ダンベルウォーキングダイエット

たまにダンベルを持ってウォーキングをしている人を見かけませんか。
これはダンベルウォーキングといって、ダイエット効果を高めるウォーキング手法です。

やり方は簡単、ダンベルを持ってウォーキングするだけです。
こうすることで上半身の筋肉にも負荷がかかり、全身の筋肉を使いながらウォーキングすることが出来るのです。

ただなんとなく歩いていると、どうしても足だけで歩いてしまい、ウォーキングのダイエット効果が半減してしまいます。
ダンベルを持っていると自然と腕の力も使いますし、上半身と左右に揺さぶる力が働くので、背中やお腹、肩の筋肉も使います。

当然消費カロリーも上がりますし、上半身と支える体幹やインナーマッスルが鍛えられるのです。
さらにダンベルの重さを支えようと自然と姿勢がまっすぐになり、足も大股になります。

足だけで歩くのがしんどくなるので、腰をひねって歩くようになります。
ひねり運動が加わると、お腹周りの脂肪を落として、くびれ効果も期待できます。

ただ手に持つタイプのダンベルだと握力も使いますし、汗で滑りやすくなる欠点もあります。
ダンベルは手首に巻くタイプもありますので、手が塞がれたくない人やダンベルを持って歩くのがきついという人は手首に巻くタイプを使うと良いでしょう。

ちなみにダンベルの重さですが、あまり重いものは選ばない方が良いと思います。
最初は1kg以下のダンベルで十分だと思います。

1kgでも長時間持って歩くと相当きついと思います。
女性なら200gとか500g程度から始めてみると良いでしょう。

出来れば少し肘を曲げて、腕を振りながら歩くとダイエット効果も上がるのですが、辛いという方はまっすぐ腕を伸ばした状態で歩いても結構です。
思った以上にきついので、適度に休憩をはさみながらウォーキングすると良いでしょう。